乳房再建

乳房再建とは

胸の柔らかなふくらみは女性らしさの象徴です。乳がん治療によってその象徴を喪失することは、自分らしさまで失われたように感じ、治療後もバストに悩みを持ち続ける女性は少なくありません。
また、乳房を残すことよりも、命を優先した治療選択を選ばざるを得ないこともあるでしょう。しかし、治療が終わり以前のような日常生活に戻った時、改めて喪失感を抱き自信を失い始める女性が非常に多いのも事実です。

手術によって摘出された乳房を取り戻すことはできませんが、再建手術によって元通りのふくらみを再現することは可能です。
乳房再建は、失ったバストを再現し、女性としての自信を取り戻すための治療です。乳がん治療で失ったり変形したりした乳房を元の形に戻す形成外科手術を「乳房再建」と言います。

当院の乳房再建

近年、出来る限り乳房を残す温存手術や、腫瘍摘出と同時にインプラントを挿入する「同時再建」による手術が増えています。しかし、乳房が変形する温存法や、ただ膨らみを作るだけの再建手術では、決して美しいバストとは言えず、患者様が本当の自信を取り戻すことはできません。
当院で行う再建手術は、美容外科としての審美性にこだわり、患者様の年齢や左右のバランスを考慮した自然で美しいバストを再建します。

切開したキズが見えないステルス豊胸手術

通常の豊胸手術は、脇や乳房の下のシワになっている部分や乳輪下半周など、出来る限り傷が目立たない部分を切開して行います。しかし、肌表面には細かい凸凹がありますので、直線的な切開傷は意外に目立ってしまいます。
当院では、術後の傷跡が心配な方には「ステルス法」を検討します。
この方法は、乳輪の辺縁に沿ってジグザグに切開することでキズが乳輪周囲に自然に馴染み、1~2年後には傷がどこにあったかもわからないほどになります。
肌の質によっては乳房下や脇の切開も効果的です。

下垂した乳房を豊胸だけで治す方法

加齢やボリュームによって下垂した乳房には、バッグの位置調整と乳輪・乳頭を内側から引き上げる操作の併用が可能です。
乳輪周辺だけの最小限の切開で若々しいバストを再現する方法で、再建後に左右のバスト位置がアンバランスな方は、この方法でバランスのとれた自然なバストラインを作り出すことができます。

温存手術後の脂肪注入再建

乳がんの温存療法では、乳房の部分的な陥没や変形でお悩みになる方が多いです。
このようなケースはいくつもの再建方法がありますが、脂肪移植や脂肪幹細胞を含む脂肪注入による再建が保険適応でできるようになりました。
放射線治療を受けている場合、皮膚が十分に伸びないため再建をためらう患者様も多いですが、陥没した部分に脂肪を注入して変形を目立たなくすることが可能です。

患者様のバストに合わせたインプラントを選択

バストの形状は、一人ひとり大変に個性的です。
当院で扱うインプラントは、バストの高さ・幅・長さ・丸みなどの違いから約100種もの種類があり、患者様に最適な形状を選ぶことができます。
※保険適用による治療では、使用できるインプラントが限定されています。

保険診療による乳房再建

乳房再建には、患者様自身の身体の組織を移植する「自家再建法」と、シリコン製の人工乳房を挿入する「インプラント法」があります。また、状態によって両方を組み合わせる方法や、当院では脂肪注入による再建治療も行っております。
2013年から、人工乳房を使用する再建にも保険治療が適用されることになりました。それにより、今まで高額だったインプラント法を選択しやすくなり、乳房再建を前向きに検討される方が多くなりました。

インプラント法

胸の皮膚と筋肉の間にシリコン製の人工乳房を挿入する方法です。
一般的には、シリコンを挿入する前にティッシュ・エキスパンダーを使用して生理食塩水を注入しながら、時間をかけて少しずつ皮膚と筋肉を伸ばしてから行います。
自家再建のように新たな傷を作ることがなく入院期間も短くてすむので、保険が適用されてからは再建手術にこの方法を選択される方が多くなりました。
ただし、保険適用となるティッシュ・エキスパンダー、シリコンインプラントには、使用できる種類に制限があります。
人工乳房は硬さがあり、年齢による自然な下垂もありません。左右のバスト位置の調整が必要な場合は、健側の手術は自費診療となります。

自家再建法

患者様自身の背中やお腹の筋肉と脂肪組織を使用し、再建する乳房に移植する方法です。
自分の身体の組織を使用するため柔らかで温かみがあり、年齢と共に自然な下垂が見られます。
背中やお腹の組織をとった場所に傷が残り、手術時間や入院期間が長くなります。

両方を組み合わせる方法

インプラント挿入後に境目や脇の陥没が目立つ場合、自家再建とインプラントを併用した再建治療を行います。
放射線治療で皮膚や筋肉の伸縮が十分得られない患者様は、お腹の皮膚を移植します。また、ボリュームのあるバストやリンパ節郭清後に脇の陥没が目立つ場合には、インプラントの周りや陥没が目立つ部分に脂肪を注入して、自然な見た目のバストを再建します。

tel:06-6370-0112