乳房再建の施術の流れ

インプラント法での乳房再建

1 ご予約

初めて来院される方は、事前にお電話で診察予約をお願いします。
 

2 初診

乳がん治療を行った外科からの紹介状をお持ちください。
外科で行われた手術方法などを把握した上で、再建方法や費用などのご説明を行います。
十分にご理解いただいた上で再建手術をご希望される患者様は、注意事項や治療スケジュールについて説明し手術日を決定します。
 

3 術前検査

手術予定日の1ヶ月~10日前に、血液検査・レントゲン検査・心電図などの術前検査を行います。
 

4 手術当日

手術当日は、絶食してご来院ください。
手術後は3~4時間ほどクリニック内で安静に過ごしていただきます。
手術後は、緊急時に連絡が取れるよう近隣ホテルで1泊していただくか、お近くにお住まいの方は日帰りも可能です。
 

5 帰宅

そのままお帰りください。
 

6 通院

術後は2~3日置きに2週間ほど、定期検査のために通院していただきます。

エキスパンダーを使用する場合(手術3回)

皮膚を伸ばす必要がある場合は、最低3回の手術を行います。

1 手術①

ティッシュ・エキスパンダーを挿入します。
 

2 通院

1週間ごとに通院していただき、生理食塩水を注入します。
反対側の乳房よりも少し大きくなるまで少しずつ注入し、皮膚と筋肉を3ヶ月ほどかけて伸ばします。
 

3 保定

目標の大きさまで皮膚が伸びた段階で、3ヶ月ほどそのままにして安定させます。
 

4 手術②

エキスパンダーを取り出し、インプラントと入れ替えます。
 

5 手術③

乳頭・乳輪を作る手術を行います。

北野病院との提携

自家組織を使用する再建治療では、手術にたくさんの外科医の手が必要となり、また、2週間ほどの入院期間がかかります。
当院には入院施設がありませんので、自家組織を使用する手術は「北野病院」にて行います。

tel:06-6370-0112